HOLY LONELY WRITE

WEB作家「そとの人」の活動記録です
<< あけましておめでとうございます | main |
アドベンチャーゲームとノベルゲーム

 アドベンチャーゲームとノベルゲーム……これまで、この二つを個人的に分けて考えていました。

 アドベンチャーゲームというと、画面をクリックして物事を調べる系のゲームだと思ってました。「話す」「調べる」といったコマンドを選んで。これに対して「かまいたちの夜」のような文章主体のゲームがノベルゲームということで区分けしてました。わざわざサウンドノベルという名前も与えられたわけですし。この観点だと、たとえ文章主体のゲームでも、「逆転裁判」や「ダンガンロンパ」はノベルではなくアドベンチャーです。

 ですが、ゲーム販売上の区分けはひとくくりに「アドベンチャー」。変に細分化する意味はないです。一般的には同じです。
 こういったことをなぜ急に言い出したかというと、こちらの記事(イシイジロウ氏ら第一線で活躍するクリエイターがアドベンチャーゲームを語り尽くす!――「弟切草」「かまいたちの夜」から始まった僕らのアドベンチャーゲーム開発史)4Gamer.net)を読んだからです。この記事、もう5年以上前の記事という……我ながらあまりにも無知。


 最近「ノベルゲームを作るぞ!」と意気込んでいたので、いい刺激になりました。「ノベルゲーム」とわざわざ見方を狭くするメリットはないなと思った次第です。

 それでここ数日、「アドベンチャー」ゲーム制作に向けてグツグツと検討していました。
 ようやくゲームの方向性が見えてきて、形式も、ノベルタイプにしばられない形式にしようと。
 そういった検討を進める中で、これまでの有名どころのアドベンチャーゲームはできるだけやっておきたいな、と思いまして、ゲームを取り寄せてやってました。
 とりあえず『忌火起草』『タイムトラベラーズ』『リトルバスターズ』『ロボティクス・ノーツ』。本当はスマホでできる最近のやつも気にしなきゃいけないんですが、とりあえず先達を。

 

 『忌火起草』は最後のしおりを残して終了。(最後のしおりは全ED回収しないといけないらしいのであきらめます)。「セリフは聴かなきゃいけない」というシステムが斬新でした。
 『タイムトラベラーズ』はまだ途中。中盤かな?
 『リトルバスターズ』は1ルート終わって、2周目。これは全ルート終わってからが本番らしいので長期戦っぽいです。
 『ロボティクス・ノーツ』はスタートせずでとっといてあります。

 今のところ『リトルバスターズ』が、考えていたネタとかぶってるかもという。本格的に作り始める前にやっておいて良かったです。不幸中の幸いということで気落ちしないようにします。
 しかしいわゆる美少女ゲームはジャスティス学園以来なので、一周まわって新鮮です。油断すると「私は一体何をやっているんだ」とヘコみそうになるので、気持ちを強く持って取り組もうと思います。

 

 それからPS4ゲームはPSプラス配信のディヴィジョンを20分くらいやりました。面白そうですが、休憩所(?)で他のプレイヤーと顔合わせなきゃいけないのがいまいちです。ソロプレイできるなら非表示にできればいいのに。

 いずれ遊ぶのはほどほどにして、制作を優先しようと思います。
 ……といってもエースコンバット7もあるので誘惑に負けそうですが。

 

 ではまたいつか。

| そとの人 | 制作日誌 | 17:02 | - | - | - | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

このページの先頭へ