HOLY LONELY WRITE

WEB作家「そとの人」の活動記録です
<< やりたいことをやっちまった | main | 第8歩『タカガテノヒラ』発表 >>
第7歩『ひとつの音』発表

 

『ひとつの音』 著:溟犬一六

・青春文学(ミステリ要素あり)

・女子高生がバンドする話

・ティーンズ向け

配信:AmazonKindle

 

 

○時期
 2011年頃〜2018年10月

 

○企画
 そとの人

○なりゆき

 2018年、十年勤めた会社を退職後、何をしようか迷って、やりたいことをしようと思い本を売ることにしました。

 一作目ということで自分のテーマを込められる作品にしようと思って、パソコンで眠り続けていた作品を完成させることにしました。引っ張り出してからの執筆期間は一カ月とちょっと。

 2011年当時はピアプロでボカロ曲に作詞するという活動をしてました。

 その頃、女の子(たぶんミク)がギターを持ってるイラストに目が留まり、女の子×ギターの話を作りたいと思ったのがきっかけです。

 「双子の女の子」と「ギター」と「パラレルワールド」を題材にストーリーを作ろうということだけ決めてました。

 最終的に女子高生かバンドする話になりましたが、テーマは変わってません。『ひとつの音』というタイトルもずっとそのまま。

 エンタメですが文学です。たぶん初めての文学。

 

○あらすじ

 女子高に進学した金田深月は、遠い昔に亡くした双子の妹・陽香のことばかりを考えていた。

 自分に希望が持てなくなっていた時、金髪ギター女子の誘いを受けてバンド演奏をすることに。

 深月は父のギターを修理するため商店街に向かったのだが、突然不思議な感覚にとらわれ、奇妙な楽器店に足を踏み入れる。店内にいた自分とそっくりな少女が誰なのかを、深月は直感していた。

 出会えるはずのない出会い、それは幸運という名の運命なのかもしれない――。

 素人占い師のベース、大富豪のドラマー、ほっこりお嬢様のキーボードをメンバーに、深月はバンド演奏を成功させることができるのか!

 少女の鮮烈な青春を、散りばめた笑いとミステリの趣向で描いた長編。

 

○一言

・実は2011年にも小説『虚空寮奇譚』を公開・販売しています。当時は同人活動のイメージだったので、やっぱり今回が初挑戦という感覚が強いです。

・登場人物のネーミングなどに遊びを入れてあるので、もうちょっと時間が経ったら記事で書きたいです。

 

応援お願いします。

※Kindle本は無料アプリをインストールするとパソコンでもスマホでも読めます。

 

配信:AmazonKindle

 

 

 

| そとの人 | 活動記録 | 09:06 | - | - | - | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ